薬剤師の国家試験に合格するにはどうしたらいいか

薬剤師の国家試験に合格するにはどうしたらいいか

薬剤師になるためにはまず、国家試験に合格しなくてはなりません。薬剤師の国家試験は範囲がとっても広くかなり膨大な量ですので勉強ってどこから手を付けてすればいいのかわからないって思う人も多いようです。

しかし、私立大学の場合、大学側がなんとしても学生を 国家試験に合格させようと熱心なため、 国家試験対策がきちんとされています。 ですので日頃の授業をきちんと受け、 ちゃんと勉強していれば比較的受かりやすいです。

しかし、国公立大学の場合は国家試験対策を学校側で あまり行っていないところが多いですので、 意外にも私立大学より合格率が低かったりするのです。

国家試験対策で重要なのが過去問です。 過去問に挑戦してみて、間違えてしまったところ、 わからなかったところは解説や教科書を見て きちんと頭のなかで理解することが大切です。

薬剤師の国家試験対策に青本と黒本と呼ばれるものが有り、 全て集めるのはちょっとお金がかかってしまいますが、 過去問と解説がありますのでおすすめですよ。 教科書を見て最初から全て復習をする人もいますが、 復習するのって結構意味が無く、 とにかく過去問を解いていくことのほうが力が付きます。

というのも、薬剤師の国家試験は過去問をきちんと 理解できていれば解ける問題がほとんどで、 復習から過去問ではなく過去問解いてから復習したほうが 遥かに効率的だったりするのです。

青本にするか黒本にするかは、実際に自分で見て、 好きな方を選べばいいと思います。 載っている問題などには大差がないので、 どちらが自分に合うかで選んでも大丈夫です。

学校にもよりますが、国家試験の過去問を用意して くれるところもあるようです。 しかしその場合は解説されていることが少なく、 わからなかったところは教科書を見たり、 友達に聞くなどしたりしてもいいと思いますが、 やはり解説付きの過去問の法がおすすめです。

私立大学の人は授業と普段の勉強をしっかりと 国公立大学の人は国家試験対策は自分で しっかりとして、とにかく過去問を解いて問題を理解しましょう。

↑ PAGE TOP