派遣薬剤師としてやりがいを感じるのはどんな時?

派遣薬剤師 > 派遣薬剤師のやりがいと壁

派遣薬剤師のやりがいと壁

薬剤師をこれから目指したいという学生のみなさんは、現役で活躍する先輩たちが、この仕事のどんなことにやりがいを感じるか知りたくありませんか。 逆に、どんなとき壁に突き当たるのでしょう。勤務先ごとに、意見を聞いてみました。

病院薬剤師の方がこの仕事にやりがいを感じるときは、医師と患者さんとの間に信頼が生まれたとき、薬剤師として求められる技術を総合的に向上できることなどだそうです。 壁に突き当たるときは、チーム医療において看護師と医師との見解が噛み合わないとき、医師や患者さんからの質問に回答できなかったときだそうです。

薬剤師パート募集のドラッグストア勤務の方がやりがいを感じるときは、その人の症状に応じOTC薬を自己判断でチョイスしてあげられたとき、収入に満足していることなどだそうです。壁にぶつかるときは、薬品を利用したお客さまより効果が現れないというクレームがあったとき、調剤をする頻度が少なくて資格保有者でなくてもこなせる業務が多いときなどです。

調剤薬局の方のやりがいを感じるときは、信頼関係が患者さんとの間にできること、調剤の技術が向上することなどです。 壁にぶつかるときは、クレームがあったとき、指示に沿った調剤だけしか施せなかったときなどです。

製薬会社の方のやりがいを感じるときは、順調に治験が進んでいるとき、薬品を扱う業務の最前線で活躍できること、勤務先の薬剤が実際に人々の役立っていること、(MRの場合)信頼関係が医師とできたとき、(創薬の場合)新薬の開発が実現して認可が国からもらえたときなどです。

壁にぶつかるときは、治験を行ったところ期待したような効能が現れなかったとき、MRは医師に常に従っていなければならないと実感したとき、(創薬担当者の場合)開発した薬剤を申請しても認可がえられなかったときなどです。

薬剤師に限らずどんな職業に就いたとしても、やりがいを感じることもあれば、なかなか克服できない障害に直面することもあります。 こんなときは違う分野に目を向けてみたり、友人や家族に相談してみることで、視野を広げてみるといいでしょう。

保険薬剤師は薬剤師とどう違う?

保険薬剤師というと薬剤師とまったく違う仕事をする人のことかと思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。

まず、薬剤師になるためには、6年間薬学系大学て学び、必要な正規過程を修めた上で卒業する必要がありますよね。 さらに国家試験に合格すれば、薬剤師になることができます。

薬剤師は様々な職場、職種で求められている職業なので、活躍の幅はとても広いと言えるでしょう。 製薬会社はもちろんのこと、病院やドラッグストアなどでも薬剤師が活躍しています。

ただ、薬剤師の資格を取得すれば、薬剤に関する仕事を行うすべての職場を選択できるというわけではありません。 注意が必要なのは、公的医療保険の適用を受ける調剤薬局の仕事に就きたいと思っている場合です。

こういった仕事をするためには、通常の薬剤師資格に加え、保険薬剤師として認定を受けなければなりません。 特に、病院外の保険調剤薬局で働くことを希望しているのであれば、認定は必須となるでしょう。

ただ、薬剤師と保険薬剤師の間で仕事内容に大きな違いがあるというわけではありません。 病院で働く薬剤師であっても保険薬局で働く薬剤師であっても、主な仕事内容は調剤をしたり、患者さんに対して薬の説明などを行うということです。 この点は変わりありません。

病院で働く薬剤師は医師の指導を受けて仕事をする形になりますよね。 この点は、保険薬局で働く薬剤師との違いだといえます。

保険薬局では、医師ではなく薬剤師が中心となって動かなければならないため、保険料の計算や請求に関することは基本的に薬剤師のみで行わなければなりません。

そのため、薬に関する知識だけではなく、患者さんから請求金額などについて質問をされた時にも答えられるような知識が必要となるのです。 それから、病院内で取り扱う薬と薬局で取り扱う薬には違いがありますよね。

それぞれ特徴が違うため、自分はどちらの薬剤師として働きたいのか考えた上で職場を探してみてはどうでしょうか。

保険薬剤師の転職事情

現在薬剤師として働いているものの、今の職場に不満があったり、さらなるスキルアップを目指しているという方は多いようです。 転職を決意する理由は人によって違いますが、今の職場から移りたいと考えているのであれば、保険薬局への転職なども考えてみてはどうでしょうか。

例えば、これまで病院内で働いていたという薬剤師の方からも保険薬局という職場は人気があります。 病院内で働く薬剤師は自分の意思に沿って動くというよりも医師の指示に従って判断や行動をしなければなりません。

それに比べ、保険薬局では自分の判断で動く場面も多く、病院に比べると、患者さんと接することも多くなります。

飲み方や薬に関して様々な質問をされることもあり、やりがいを感じられる職場だといえるのではないでしょうか。 もちろん、病院と保険薬局のどちらが自分に向いているかというのは人によって違うので、必ずしも病院から保険薬局に転職をすれば満足できるとは限りません。

ただ、スキルアップを目指している方にとっては最適な職場だといえるでしょう。 保険薬局では、受け付けから始まり、調剤や処方に関すること、保険請求に関する手続き、在庫管理なども自分で行う必要があります。

こういったことは病院内で働いているだけではなかなか身につけることができないので、新たな知識を求めて保険薬局への転職を検討する方もいるようです。

それに、保険薬局は全国的に見てもとても数が多いので、転職先として選択肢やすいというメリットがあります。 病院は自宅からとても離れているところにしかないものの、保険薬局であれば近場にあるという方は多いのではないでしょうか。

ただ、数が多いことが逆に転職先を迷わせてしまう形になってしまうこともあるようです。 どこの職場が自分にとって一番良いかわからないという方は、薬剤師向けの転職支援サイトなどを活用してみてはどうでしょうか。

転職情報サイトでは一般には公開されない好条件の非公開求人というものを持っており、自分ひとりで転職活動するよりも条件の良い求人を見つけやすくなります。