公的に認められた認定薬剤師になるためには

公的に認められた認定薬剤師になるためには

認定薬剤師とは、普段からきちんと勉強をしているという 公的に認められた薬剤師のことなのです。 薬剤師自体普段から勉強をしていなければ いけませんが認定薬剤師は少し違うのです。

認定薬剤師になるには月に何回かある講習会に出席しなければなりません。 その講習会に出席すると受講シールがもらえるので 薬剤師研修手帳に貼ります。 受講シールは1枚=1単位で40単位集めたら 認定証をもらうための手続きと申請を行います。

それが終わると認定薬剤師として公的に認められるようになるのです。 しかし今のところ認定薬剤師になったから給料が上がるなど 優遇されることはありませんが、先のことを考えると 認定薬剤師になっておいたほうがいいかもしれません。

講習の時間は約2時間ほどで、1単位もらえ、 薬学大会というものに出席すれば4単位ほどもらえることもあります。 ですので40単位もらうことって結構簡単なのです。

しかし、夜遅くまで仕事をしなくてはいけないなど 働き始めると講習会になかなか出席できなくなります。 でも大学院生なら薬学大会に出席することも多いと思いますので 社会人の薬剤師よりも簡単にためることができます。

しかし一度認定薬剤師に認められたからといって 一生認定薬剤師というわけではありません。 まず最初の認定薬剤師への申請は、 資格所得から4年以内に40単位もらうことが条件です。 そして認定薬剤師に認められたあとは三年更新で 30単位集めないといけません。

認定薬剤師になってからも講習会に出席しないといけないなど 結構大変なのですが、これから先このように ちゃんと勉強をしている薬剤師が求められてくるようになるかもしれません。

現在は特に認定薬剤師が優遇されるということは ありませんが、もしかするとこの先優遇されて 一般の薬剤師よりも多く給料がもらえるということもあるかもしれません・ しかし、どちらにせよ薬剤師というのは普段から勉強を していなくてはいけない職業なのです。

↑ PAGE TOP